浜松ギター鑑賞友の会

Hamamatsu Classical Guitar Fanclub

浜松ギター鑑賞友の会

会長:江崎 秀行

浜松市東区半田山3-33-12

TEL・FAX:053-433-8917

■第115回鑑賞会 大萩 康司 ギターリサイタル

 日時:2022年12月17日(土) 開場18:00,開演18:30

 会場:かじまちヤマハホール(ヤマハミュージックリテイリング 浜松店 8階)

 

 新型コロナウイルス感染防止対策のため,席数を半分にしておりますので,会員外

 の方は席に余裕のあった時のみとさせて頂きます。入場ご希望の方はメールにてお

 問い合わせ下さい。

 

◆当友の会へのメッセージ

 今回の選曲は,それぞれの作曲者の中にある力強い源流を感じられる曲を集めました。天変地異やウイルスなど,あらゆる方向から脅威が襲ってくる中,そういう力強さを持ってこれからも前に進みたい,という気持ちを音に乗せられたらと思っています。久しぶりに浜松の皆さまにお会いできることを楽しみにしております!

 

◆プログラム

 暁の鐘(E.サインス・デ・ラ・マーサ)

 ブラジル民謡組曲 より(H.ヴィラ=ロボス)

 大聖堂(A.バリオス)

 5つのタンゴ より(A.ピアソラ)

 リトマス・ディスタンス Op.10(吉松隆)

 ポーランド風組曲(A.タンスマン)  他

 (都合により当日演奏曲目を変更する場合がありますのでご了承ください)

◆大萩 康司(おおはぎ やすじ)/ギタリスト プロフィール

 高校卒業後にフランスに渡り,パリのエコール・ノルマル音楽院,パリ国立高等音楽院で学ぶ。ハバナ国際ギターコンクール第2位,合わせて審査員特別賞「レオ・ブローウェル賞」を受賞。その後4年間イタリアのキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し,4年連続最優秀ディプロマを取得。ギターを萩原博,中野義久,福田進一,キャレル・アルムス,アルベルト・ポンセ,オリヴィエ・シャッサンの各氏に,ソルフェージュを山田順之介,リュート,テオルボ,バロック・ギターをエリック・ベロックの各氏に,室内楽をラスロ・アダディ氏に師事。これまでにNHK「トップランナー」「スタジオパークからこんにちは」「ららら♪クラシック」やMBS「情熱大陸」,テレビ朝日「題名のない音楽会」等メディアへの出演多数。近年では2019年夏にNHK交響楽団(井上道義指揮)と「アランフェス協奏曲」を演奏し好評を博したほか,ラ・フォル・ジュルネTOKYO,セイジ・オザワ松本フェスティバル,霧島国際音楽祭,宮崎国際音楽祭等の代表的な音楽祭に定期的に招かれている。またモスクワ,コロンビア,キューバ等海外の国際フェスティバルにも招かれ,2019年9月には台湾国際ギターフェスティバルにソリスト&マスタークラス講師として参加。これまでに18枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。新作はカステルヌオヴォ=テデスコの傑作「プラテーロとわたし」の波多野睦美との全28曲録音,及びチェリスト宮田大とのデュオCD「Travelogue」。2020年には演奏活動20周年を迎えた。第6回ホテルオークラ音楽賞,第18回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学,大阪音楽大学各客員教授。

 

大萩康司 公式ウェブサイト

■当サイトについて

■プライバシーポリシー

■お問い合わせ

Copyright  2007  浜松ギター鑑賞友の会 Hamamatsu Classical Guitar Fanclub  All Rights Reserved.